caveblogwelcome cafe in cave

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
ももの木なしの木りんごの木 20:05
 ご無沙汰しています。

暑い夏がおわり、気持ちのよい季節です。
ここ北海道は、早くも紅葉がきれいですが、
寒くなるスピードが早すぎて、
これからくる冬が本当に怖く感じています。

先日、嬉しい出来事がありました。

dans la natureのなっちゃんとこ、千葉なつえさんが、
あんざい果樹園のくだものをつかったおかしのレシピとエッセイ本。
『ももの木なしの木りんごの木』
を出版いたしました。

単なるレシピ本ではなく、なっちゃんのエッセイといい、
巣巣さんの岩崎さんの写真といい、
素材であるくだもの、
そのお世話をしている農家にまで気持ちか行き届いている
有難いような素敵な本です。
(詳しい内容はなっちゃんの本で)

私,はまだ寒く、まわりに緑のない福島、
雪がちらつく3月12日に家を出てから一度も帰ってなく、
そこで時間が止まったままだったのですが、
その本の中には、春の美しい花々。
夏の眩しい光。いつもの果樹園の光景があり、
私の記憶がタイムスリップしていしまいました。
懐かしくて、夢がって、みんなの熱い想いで輝いていた
あんざい果樹園がしっかり残っていました。

札幌に出版記念イベントに来たなっちゃんに
「素敵な本をありがとう。」
と伝えると、
涙があふれてしまいました。

震災後も本の製作をしてきたなっちゃんも、
きっとつらく、色々考え、苦しんでくれたことでしょう。

でも、出来上がって本当によかった。
ありがとう。
なっちゃん。
岩崎さん。

なっちゃんのおやつは、
ほっとする美味しさがあり、
楽しい気持ちになり、
dans la natureらしい味がする。

店舗はなく、イベントや巣巣さんでの通販、月一カフェなどに登場してます。
詳しくは、dans la natureのブログで。

本屋さんでみかけたらチェックをば、
よろしくおねがいします。







| - | - | - | posted by cafecave
ジャムたち 10:31

原発事故はすべての人が当事者なので、
それぞれの環境が違うように、
色々な意見・考え方があるかと思います。

3月12日。
地震の翌日、原発が危ないらしい・・・といった状況で聞いていた車のラジオで、
とある専門家が
「これから、どんな世の中になるのか誰もわかりません。
まずは、自分の命は自分で守ってください!」
と声を荒くして言った言葉が、ずっと私の心に残っています。

過去の自分の無知に恥ずかしさも感じています。
ただ、知ってしまった以上は、そのままではいられません。

目にみえない危険にさらされ、
正しい情報もきちんと報告されない現状。

3.11以前には戻れない事だけは、消えようのない事実です。



多くのかたが、嬉しい声をかけてくれます。
震災前に煮たジャムやジュースなど、
割れずに残ったものを、販売してくれています。

今後販売してくれるお店です。

  以前から、不定期で販売してくれていた中川ちえさんのお店 in-kyo

  素敵な器をつくられるイイホシユミコさんのアトリエ展
  6月11日〜19日

お時間がございましたら、是非、足を運んでくださいますと嬉しいです。

今後、またお知らせできることがありましたら、
この場にて報告いたします。


6月より、子供たちの保育園が始まるので、
私もすこしづつ何か始められたよいなぁと、
思っています。

置いてきたもの、失くしたものもありますが、
新しい・温かい出合いも数多くあります。

そういった出合いに支えられ、私たちは元気にすごしています。
心穏やかに、明るい希望に満ちた世の中になりますように・・・。


| - | - | - | posted by cafecave
ご報告 15:02

ご無沙汰しております。
みなさまお元気ですか?
ご無事でいらっしゃいますか?

ちょうどジャムを煮ていた、
3月11日のあの瞬間から時間が止まっていました。

こんなことになるとは・・・。
夫や友人から、原発の恐ろしさを聞いていたものの、
どこか甘い認識があった自分を悔やみます。

昨年より、無農薬のりんごの栽培を始めた夫の挑戦は、
代を受け継ぎ、
新しいあんざい果樹園の幕開けといった希望に満ちた私たちでした。

人災ともいえる、この出来事は、すべてを奪い、
直ちに人体に影響がないのがまた不気味で、
じんわりじんわり、押し寄せて、
この上ない恐怖でいっぱいです。

この1ヶ月。
終息されるはず・・・、と期待していたのですが、
長期にわたるということで、
ひとまず、区切りをつけたいと思います。

2歳娘と5歳の息子の命をまず、守らせてください。
そして、日本の命をきちんとつなぎたいと思っています。

原発は、命の若い順から襲ってきます。
こども・これから出産むかえる若い女性は、
より安全な地へ・・・と願います。

命より重いものはありません。

この1ヶ月の国の対応を見ていると、
残念ながら、自分で考え、自分で決断し、自分で動かなくてはいけないようです。

一度、あてもなく今後の事を考えつつ、九州に身を置き、
現在、北海道にいます。
福島のあんざい果樹園は、
じぃーじを中心に作業を行っています。
木は普通に花が咲き、木にもお世話が必要なので、
理解のある両親に感謝しています。

命を懸けて原発の作業に取り組んでる作業員の方に感謝しつつ、
こんな危険な仕事・ゆがみきった社会を作った電力会社・政府は絶対に許してはいけないと思っています。
終息するまで、この先どぉなるのか、今現在もわかりません。

今後、わたしたちは本当に安全な食べ物を作りつづけていきたいと思っています。
こどもたちが、気持ちよく暮らしていける世の中に変わるよう、動きながら。

どぉいったかたちになるか・・・、
その報告はまたさせていただきます。

10年、あっという間でした。
みなさまに支えられ、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

まだまだ未練たらたらですが、
ひとまず『閉店』させていただきます。

みなさまの顔を思い出すと涙がとまりません。

こんな形・・・、こんな思いを・・・、
増やさないように、願っています。


本当にありがとうございました。


| - | comments(42) | - | posted by cafecave
キャトルセゾン仙台 1回目が終了。 10:55
 みなさま、すみませんでした。

キャトルセゾンの納品がとっくにおわり、
また、商品も完売との報告を受けました。

お買い求めいただいたみなさま
ありがとうございました。

自分で販売するわけではないので、
どういったお客さま、
喜んでいただけているのだろうか。
とちょっと心配もしています。

ちょうどこの1週間、息子・娘のインフルAに続き、息子がオタフクにかかり、
なんとまぁ、最悪な状況になっていました。

とはいうものの、みなさまに何を出す・・・といった商品説明ができず、
ご迷惑をおかけしました事、
反省しております。

申し訳ございませんでした。

3月18日に2回目の納品をします。
前回出したものと同じものもありますが、
また、新しいものが出せたらと思っています。

よろしくお願いします。
| - | comments(0) | - | posted by cafecave
キャトルセゾン仙台 23:36
 昨年もお世話になりました、キャトルセゾン仙台店にて、
12月の営業を終えてからコツコツと作ってきたジャム。
うちらしいお菓子・おやつ・パンなどを販売します。
  (出張なので、生菓子はありません)

石田珈琲店の珈琲豆・珈琲牛乳の素
果樹園のジュース
も並びます。

現在、ウチの子供が順番にインフルエンザになり、
強制的に作業ペースが遅くなるといったお約束もあり、
試されているような気持ちにもなっていますが、
来週の納品に気持ちよく商品が並べるように、
頑張りますので、みなさまにお越しいただけたら嬉しく思います。

詳しいメニューは来週お知らせします。
(まだ検討している部分もありまして・・・)


キャトルセゾン仙台
  2月18日(金)
  3月18日(金)
ジャムはたくさん持って行きますので、
しばらく店頭にあるんじゃないかなぁ。

よろしくお願いします。
| - | comments(0) | - | posted by cafecave
| 1/47 | >>