caveblogwelcome cafe in cave

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
ご報告 15:02

ご無沙汰しております。
みなさまお元気ですか?
ご無事でいらっしゃいますか?

ちょうどジャムを煮ていた、
3月11日のあの瞬間から時間が止まっていました。

こんなことになるとは・・・。
夫や友人から、原発の恐ろしさを聞いていたものの、
どこか甘い認識があった自分を悔やみます。

昨年より、無農薬のりんごの栽培を始めた夫の挑戦は、
代を受け継ぎ、
新しいあんざい果樹園の幕開けといった希望に満ちた私たちでした。

人災ともいえる、この出来事は、すべてを奪い、
直ちに人体に影響がないのがまた不気味で、
じんわりじんわり、押し寄せて、
この上ない恐怖でいっぱいです。

この1ヶ月。
終息されるはず・・・、と期待していたのですが、
長期にわたるということで、
ひとまず、区切りをつけたいと思います。

2歳娘と5歳の息子の命をまず、守らせてください。
そして、日本の命をきちんとつなぎたいと思っています。

原発は、命の若い順から襲ってきます。
こども・これから出産むかえる若い女性は、
より安全な地へ・・・と願います。

命より重いものはありません。

この1ヶ月の国の対応を見ていると、
残念ながら、自分で考え、自分で決断し、自分で動かなくてはいけないようです。

一度、あてもなく今後の事を考えつつ、九州に身を置き、
現在、北海道にいます。
福島のあんざい果樹園は、
じぃーじを中心に作業を行っています。
木は普通に花が咲き、木にもお世話が必要なので、
理解のある両親に感謝しています。

命を懸けて原発の作業に取り組んでる作業員の方に感謝しつつ、
こんな危険な仕事・ゆがみきった社会を作った電力会社・政府は絶対に許してはいけないと思っています。
終息するまで、この先どぉなるのか、今現在もわかりません。

今後、わたしたちは本当に安全な食べ物を作りつづけていきたいと思っています。
こどもたちが、気持ちよく暮らしていける世の中に変わるよう、動きながら。

どぉいったかたちになるか・・・、
その報告はまたさせていただきます。

10年、あっという間でした。
みなさまに支えられ、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

まだまだ未練たらたらですが、
ひとまず『閉店』させていただきます。

みなさまの顔を思い出すと涙がとまりません。

こんな形・・・、こんな思いを・・・、
増やさないように、願っています。


本当にありがとうございました。


| - | comments(42) | - | posted by cafecave
Comment








宮城に住んでいるものです。
去年の夏、高速を飛ばしてよくそちらのカフェにお邪魔していました。
(人見知りなもので話しかけたりはできませんでしたが)
今思えばなんという贅沢で平和な時間だったのでしょうか…。
あの空間で頂くアイスコーヒーが最高に美味しかったです。
幸せな思い出をありがとうございました。
未来を担うお子さん達が健やかに育ちますようにお祈りしています。
そしていつの日か、
cafe in caveの珈琲とスイーツをまた味わえる日が来ることを
いつまでも待っていたいと思います。
どうぞ皆様お体にお気をつけて。
posted by とある客 | 2011/04/30 12:41 AM |
現在は郡山市在住ですが大笹生に実家があります。
近くにあることに甘え、結局訪問する機会を逃してしまいました。

今回の原発事故は多くの人たちの人生を変えてしまいましたね。
毎日1機ずつ原発が爆発していく様子を見ながら年老いた両親や親類とイザとなった際にどうするか、まるで互いの遺言を聞くように意志確認しあった頃を思い出すと今でも涙が出てきます。

我が家は子どもに恵まれませんでしたが、もし子どもが居たら安心して子どもを育てていける土地を私も探したと思います。

お子さんたちと一緒に、あの穏やかな場所に帰ってこられる日を取り戻すのが私達に課せられた使命だとも思っています。
そんな日が来るのを期待し、また、平和なときが戻ってくるまでしばしのお別れですね。

北海道での様子など更新されるのを楽しみにしています。



posted by なお | 2011/04/30 9:06 AM |
こんにちは。

祖母の家がcafeから車で5分くらいのところにあり、去年の夏に一度伺いました。写真付きのハガキを買い、今も部屋に飾ってあります。

とっても素朴で、あったかいcafeが身近にあることを誇りに思い、これから果物の美味しくなる時期にまた…と楽しみにしていました。


私は二年前から東京に住んでいて、幼稚園の息子、お腹に最近判ったばかりの赤ちゃんがいます。


子供を守らなくてはいけない。それは親として当然のことですよね。



子供を安心して育てられる環境が戻ってきますように。またいつの日か お店に伺えますように。



お体に気をつけて。
posted by かおり | 2011/04/30 3:36 PM |
北海道の洞爺湖畔で果樹園をしているものです。安西さんの事は友人から聞いていました。福島源発事故本当に災難ですね。同じ農家として心が痛みます。
北海道で果樹が出来るところを探しているとのことを友人から聞いていましたが、当地域は観光果樹園も多く、りんご・さくらんぼ・ぶどう等を栽培しています。
力になれることがあれば連絡下さい。

posted by ほくほくファーム | 2011/04/30 11:23 PM |
大好きな
cafe in caveさん。

閉店がとても残念です。

あの空間が
大好きでした。



毎回いろんなイベントを開いて下さり

東京などいろんな
魅力的な方たちとの出会いを多くの人たちにも繋いで下さって

お店におじゃまするのがいつも楽しみでした。


FOR座RESTの開催では中心となって動いて下さり、


雑誌などでも
大きく掲載され


全国区で知られるようになって


あんざい果樹園&
cafe in caveさんが 福島市にあることが
いつも、わたしの自慢でした。




放射能汚染の拡大による恐れから

わたしも
福島市を思い切ってはなれ

今は東海地方へ
生活拠点を移しています。


でもどこに行ったって心は福島にあります。


ニュースを見るたび
胸が苦しくて
心はいつも福島から
離れません。

家も
荷物も残したまま。



長い道のりに
なりますね。
再興。



原発反対と子供たちの安全を叫ぶ場があったら
大きな声で叫びたいです。




posted by yumikane | 2011/05/01 10:17 PM |
すっかりご無沙汰していますが、
息子さんがあっこさんのお腹にいる頃に
ウーフでお世話になったyoneです。
もう5歳になるんですね。

今日ブログをみました。
メールを出しましたが、こちらにも。

いつかお手紙を書きたいと思っていましたが、
こんな形になるとは…。

あんざい家で過ごした2週間。
あの頃はわからないことだらけでしたが、
今振り返ってみると
素敵な家族、住まい、生き方のモデルとして
私の人生にとても影響を受けています。

あの時は、気持ちよく受け入れてくださって
本当にありがとうございました。

何か恩返しができたら嬉しいです。
今頃なんですが、私にできることはありませんか?
もし信州に来られることがあれば
家探し、畑探し、何でも手伝います。

そしてこれ以上の悲しみが増えないように、
私も行動していきます。

みんなで安心して当たり前に暮らせる日が戻りますように。
ご報告をありがとうございました。
posted by yone | 2011/05/02 12:05 AM |
こんにちわ*・°
グランデコさんの帰り道や仙台や会津のお友達とちょこちょこと楽しみにおじゃましていたものです

仙台でのイベントのフライヤーを置かせていただいたりしたこともあります

その節はお世話になりました

原発問題が長引くにつれ、とても心配していたので、決断されたのだなと、胸があつくなりました

お母様の器やさんも大好きでした

桃も、マルゲリータマリィラの美味しさも忘れられません*・°

スタッフ皆さんの笑顔も*・°

caveも平和な福島も再興出来る日を願っています
posted by プッキ☆ | 2011/05/02 4:06 PM |
初めまして。去年、もみじ市で初めてあんざい果樹園さんのフルーツを頂きました。
今まで食べた事がない位、とても美味しいリンゴで
食べ終わった後も、今度絶対に福島に買いに行こうねって
子どもと話していました。

また、あんざいさんの美味しいフルーツが食べられるのを楽しみにしています。
posted by たま | 2011/05/02 4:24 PM |
 ありがとうございました
 ありがとうございました
 本当に、ありがとうございました

 何度も店の前を…
 行ったり来たり…
      …しました

 またいつか、どこかで…
 あの味の珈琲を飲ませてください

 その日まで…
 ご家族で元気に頑張っていてください

 本当にありがとうございました

 またいつか…

      …(なみだ)
posted by 山の神 | 2011/05/06 1:46 PM |
caveのスイーツ、珈琲、そして何よりお店の雰囲気が大好きです!
またいつの日かあの素敵な空間のお邪魔できる日を願っています。

どうぞお体に気をつけて下さいね。
ゆっくりゆっくり待っています。
posted by gany | 2011/05/06 4:41 PM |
昨年、仙台から青森に引っ越しました。
行きたくて行きたくてカフェには2度行きました。
毎年行って、青森に引っ越してからは福島が遠く感じて行けずにいました。またあの味を・・・またあの大好きな雰囲気を・・・その日が来ることを願っています。
posted by ハクナ | 2011/05/08 10:22 PM |
春になったら 春になったら…
ぜったい cafe in caveさんに行くんだ!

昨年の暮れに福島市の実家に戻り
長年離れていた街のことを調べていたら
偶然たどり着いたHP

冬季休業の文字に 春を指折りしたところに

あの 地震

そして 重くのしかかる 原発

楽しみにしていたこと
いっぺんに 色あせてしまった
ふくしまの街です

どうぞ お子様を大切に守ってください

そして またどんな形ででも
cafe in cave を はじめてください

そう祈る それだけです

posted by aki | 2011/05/09 5:07 PM |
こんにちは。
『閉店』。。。 悲しくて涙が出てしまいました。

震災からもう2ヶ月がたつのですね。
未だに先の見えない福島県の復興…
もし、福島県に原発がなかったら確実に何かが変わって
いたはずです。きっと、県民一人ひとりが復興へと前向きに
歩きだしていたはずです。
しかし、原発の放射線の問題で大切な人達がどんどん福島から
離れていってしまった現実と向き合うことは、わかっていても
本当に辛いものですね。

caveの復活を信じ、ここ福島でいつまでも待っています。
お身体を大切に。。。
本当にありがとうございました!!
posted by yuka | 2011/05/12 11:05 AM |
春・夏・秋と季節を感じたくて、
仙台から子供たちとお邪魔していました。

夏に出会った、大きなセミ・・・・感動的でした。
どこか懐かしい光景に、ホッとする空間。
もう、しばらくお会いできないと思うと
同じ東北に住む一人として、非常に残念で仕方ありません。

子供たちが大好きだった桃のスムージー・・・。
香ばしくて熱々で美味しいパン。
そして、季節のジャム。
季節のケーキ、珈琲・・・。

また、いつか・・・楽しみにしています。

お元気で。
posted by たんぽぽ | 2011/05/13 7:15 AM |
はじめまして、こんにちは。僕は静岡で果樹農家をやってます。
以前、妻があんざい果樹園さんの記事が掲載されている雑誌の切抜きを持ってきて、こんな風になりたいなって言ってました。
こちらは桃、みかんなどを栽培しており、あんざい果樹園さん同様wwooferの受け入れもやってます。とても似たような環境なので今回の震災で何もかもが、、、、というとほんと他人事とは思えません。しかもみかん園は浜岡原発から10kmというところにあります。今回、浜岡は政府の要請で全部運転が止められますが、燃料棒は敷地内に保管されるわけだし取り出すまでは何年もかかります。言ってみれば止めたからもう安心なんてことは決してないのです。本当に農業に夢を燃やして頑張ってこられたと思うので残念で仕方がありません。僕も8歳と2歳の娘がおりますので、あんざいさんのご決断は正しいと思います。また再開できることを願っています。
posted by 前田農園 | 2011/05/14 12:12 PM |
正直、残念というよりがっかりです
逃げたんですね
逃げれる場所、環境がうらやましいです
私は人間が相手の仕事ですから逃げれませんし逃げません
子供も小さいですがここで大好きな福島と闘います
攻めません
ただ悲しいです
posted by ちるちる | 2011/05/14 10:52 PM |
札幌在住の者です
昨年5月22日にずっと憧れていたあんざいさんへ彼とお邪魔いたしました。
器やさんの方で迷っていましたらひょっこり現れた息子ちゃんとご主人が案内してくれ、ちょっぴり可愛らしいアクシデントもあり微笑ましい旅の思い出なりました。

到着が閉店間際になりcafeでお茶は出来ませんでしたが快く店内を拝見させて頂きありがとうございました。ジャムとても美味しかったです。

原発の現状、家族が離れ慣れない土地で不安や残念な気持ちでいっぱいでしょうが北海道はこれから良い季節になります。

一日でも早く終息し安全な未来を子供達に渡せる事を祈るのみです。
posted by なごみ | 2011/05/15 8:38 AM |
逃げてもいいと思います。逃げられる環境にある人は、守りたい子供たちの為になら是非。

でも、福島から離れて、安心安全なところで新しいこと始めています、と、逃げたくても逃げられない福島の人たちの目につくところでお知らせするのは酷かな、と思います。
やっぱりそれは、ちょっと悲しいです。

でも、がんばってください。
posted by po | 2011/05/15 4:07 PM |
放射能の恐怖は、体だけではなく人の心も蝕んでいくのですね。

あっこさんの決断は正しいです。
私も2歳の娘と夫と海外に出ました。

そして福島に残る選択をしたご家族もまったく正しいと思います。
それぞれが、自分の仕事や家族にとってそのときの最良と考える決断をしているはずです。

無農薬で栽培を始めたりんごの木をおいて。
愛情をこめて育て上げてきたカフェをおいて。
そしてなにより小さなお子さんを二人も連れて、家を出るということがどんなに大変で勇気がいることだったか、そして帰らないという決断をすることがどんない悲しく悔しいか。
胸が張り裂けそうです。

どうかどうかお元気で。
ここ数年いけませんでしたが、大好きなカフェでした。
posted by koklo | 2011/05/15 9:34 PM |
福島県に住んでいます。

お店には、一度だけお邪魔したことがあります。
その前から、色々な雑誌で拝見していて
福島にこんな素敵なCAFEがあることを誇らしく思ってました。

今回のコメントを見て 正直、私もがっかりしました。
お店の閉店はもちろんですが
同じ小学生の子供を持つ親として
逃げない という選択は間違っていたのか?
いろいろ考えさせられました。

福島を出ていく
子供を守るため
新しい土地での生活

とても、勇気のいることだとは良く分かります。

けれど 福島にも安全な所はいっぱいあります
逃げたくても 色々な事情で逃げれない人もいます 

そのことをもう少し考えて欲しかった・・・です
posted by じゅん | 2011/05/16 3:59 PM |
昨年、たまたまお邪魔したのがきっかけで、何度かお世話になりました。

先週の土曜日に、あんざい果樹園がどうなっているかとても心配で、友達と行くことを決意・・・。

しかし・・・涙。

復活を心から祈ります。
何か手助け出来ることがあれば・・。

posted by masatoshi imai | 2011/05/16 6:15 PM |
逃げるとか、逃げないとか、どうでもいいこと。家族で話し合って決断したわけだからね。お隣さんがどこか旅行にいったことを羨み妬み僻んでいるのと同じ。思っていても口にすべきではない。私も福島市在住。人があっての職業だから離れるわけにはいけないけど、避難するのも残るのも悩む大きさは一緒。
北海道で充電してまたcaveオープンして下さいね。
posted by マーチデニー | 2011/05/17 9:47 PM |
「閉店」も引っ越しも自由です。そもそもお店をやること自体自由ですから。ただ、国や会社を責める言葉にがっかりしました。涙が出ました。

残念です。

親として子供に「今」を生きさせてやること、「未来」を与えてやること、そう願うことは当然です。
でも大人も子供も命の重さは変わりません。
あるものを当たり前として使ってきて、問題が起きたら否定する…思うのは自由ですが、こういった場で表現してほしくありませんでした。今の日本とあなたの在り方はそう変わらないのではないですか?

今もこれからも場所を変えず変えられず生きている人たちがいることを忘れないでください。

2年前のアイスコーヒー、ありがとうございました。
posted by ちえ | 2011/05/18 2:08 PM |
傷つけるのやめませんか? 被災しただけでもう充分胸を痛めてるのに、、、

擁護の言葉の後には負けじとまた批判。同一人物ですか?いい加減しつこいです

避難できず残られている方々の品位を落とす行動になりかねないですよ
posted by ゆき | 2011/05/18 9:54 PM |
本当に本当に本当に残念です、大好きなカフェが閉店なんて。

我が家は仙台市の海の近くで、今回の津波の被害で全壊でした。

津波の恐ろしさも目の前で経験しました…今は家には戻れずアパートでの生活です。

でも未だ先の見えない原発の問題、何だか津波の被害以上にも感じます。

明るい未来はあるのだろうか?思う事もあります。

何年後、またあの場所で会える事を願い、これからの子供達の為に、生かされたことに感謝し行動を起こさなければ…と思います。

福島のことはいつも気がかりでしょうが、お子さんの為に頑張って下さい。
posted by のりしろ | 2011/05/28 10:50 PM |
私も小さい子供がいて、福島から引越します。
いろいろな意見があると思いますが、逃げていいと思います。こわいものから逃げてなにがいけないのでしょうか。
がんばりましょう。
posted by R | 2011/05/29 11:33 AM |
品位を落とすという、被災者を差別する発言ありがとうございます。
マーチデニーさんのコメントと重なりますが、
この記事に書かれていることは、
避難したくても避難できない人に対して、
避難しなければ日本の命をきちんと繋げられない、未来はないと言っていることです。
そしてゆがんだ社会を作ったのは電力会社でも政府でもなく元はと言えば私たちです。

避難するのは子供を守るためには必要ですが、上記の様なことを書かれるのは如何なものでしょうか。
posted by わーに | 2011/05/29 11:57 AM |
わーにさんへ。

「品位をおとす」は、被災者差別ではなく、「逃げたのか!」などと避難された方を責める発言が続く事を言われているのだと思いますよ。

被災者が品位がないなどとは誰も受け止めていないと思います。
posted by COCO | 2011/05/29 11:55 PM |
今日の日記を読んで、少しホッとしました。

お子さんと健やかな暮らしを続けられますように。
心穏やかな日が戻りますように。

応援しています。
posted by yone | 2011/05/30 11:28 PM |
はじめまして。カフェが大好きな私が『cafe in CAVE』を知ったのは、一枚のりんごの写真がきっかけだったと思います。福島にいつかいつかと・・・『あんざい果樹園』をこの目で見る日を楽しみにしていました。

3月11日の後、気になりながら。。。勇気を持てず、本日やっとブログを開くことができました。10年間の想い、子どもたちへの想い。胸に押し迫るものがありました。

実は『もみじ市』で、りんごjuiceをいただいたのです。生命の溢れる濃厚な果実の味。あんざい果樹園の想いが、その一杯に凝縮されていました。


果樹園を離れることが、どれほどつらかったか・・・お察し致します。お子さんのための決意。私も、その道を選択したと思います。どうか、御身体に気をつけて。心も身体も十分に癒して下さいね。いつか、どこかでお会いすることができますように。
posted by kako | 2011/06/12 10:10 AM |
東京にて、ジャムたち、確かに受け取りました。
これが最後のジャムにならぬよう
あんざい果樹園のフルーツであんざいさんが作ったジャムを
また食べられる日がくるよう
心から願っております。
どうかお体に気をつけて。どうかご自愛くださいませ。
心をひとつにして
そっと祈っております。
posted by Ray | 2011/06/16 1:33 AM |
駄目です。駄目です。みなさん。
心を傷つけてはいけません。
発言する側も、知らずの内に傷ついているはずです。
誰も悪くありません。誰も間違っていません。
どうか他人も自分も傷つけないで。

攻撃的な気持ちも今は仕方がありません。
批判や指摘をしたくなる余裕のなさも仕方ありません。

心を穏やかに。決心のしんどさも、迷う心も、
恐怖も悔しさも悲しさも
みんな一緒のはずです。
どうか心を落ち着けて。

余裕をもって。
余裕を持てたら、他人を思いやることのできる
前の自分に戻していきましょう。

わたしたちはひとつです。大丈夫です。
posted by koriyama-fukushima | 2011/06/16 1:50 AM |
今日、地震後始めてカフェを見ました
このブログに訪れる皆さん全てカフェが好きなのです
地震後、まずは家族を案じ、そして好きなカフェを案じたからこそ感情が高ぶり本音を吐露出来たのです
大人だって辛いのです
きれいごとばかりを言えません
安らぎの場所が欲しいのです
その場所が失われて寂しくて切ないのです
誰を責めても戻れるものでもなく、現実と向き合うしかないのですが。。。
posted by ちるちる | 2011/07/02 10:54 PM |
おひさしぶりです。
以前、WWOOFでお世話になったマナです。
震災後、何度かこのサイトで安否を確認したくて覗いていました。
とりあえずはご家族みなさまご無事のようで、それだけで安心しました。
私も親になったので、お子さんを守りたい気持ち、イタイほどわかります。
少しでも安全なところにいてくれていて、ホッとしました。
勝手に自分の家族のように思っています。
いつかまた遊びに行ける日が来ることを信じてます。
みなさんにもよろしくお伝えください。
どうか、ご無事で・・・。。
posted by マナ | 2011/07/03 12:28 AM |
著名なかたは逃げる場所も資金もちゃんと用意していただける。
うらやましいかぎりです。
凡人はこのまま、フクシマで死んでいくよりしかたがないのかな。。
posted by ちるちる | 2011/07/07 12:50 PM |
私のコメントネームを使用して意見するのはやめて欲しいです
意見するなら自分のネームにして下さい
調べればすぐ分かります

posted by ちるちる | 2011/07/09 10:13 PM |
正しい命って何?

素晴らしいこと仰っているようですが、
自分の両親が普段通り果物売ってることに関しては何もないんですかね?
自分達だけよければいいって感じにしか見えませんが。
posted by むう | 2011/07/27 1:32 PM |
電力会社や国を悪くいう発言はやっぱり不快です。
多くの方が見るブログでそのような発言は軽はずみだと思います。
福島の方たちは、原発を受け入れる代わりに多くのものを得ているはずです。

住民税だってかなり優遇されているでしょうし、
雇用も。
そしていろいろな施設の恩恵を受けているでしょう?

そういったことは100%表に出さずに
悪いことだけを相手のせいにする。

お子さんがいて引っ越された選択はご自由です。
でも、それを公表するときに、わざわざ人災だということをここに書く必要があるのか・・・
人間の器の小ささを感じました。
posted by 匿名 | 2011/07/28 2:55 PM |
匿名さま。

原発を受け入れる代わりに多くのものを得たり、税金が優遇されたりしているのは原発立地の自治体(市町村)です。その次に優遇されているのはそれに隣接しているいくつかの自治体(市町村)。
それ以外の市町村は何も優遇されていません。
福島市の放射線量が高いのは、二度の爆発事故後の風向きと天候(降雨・降雪)が、福島市方面に不運な条件だったとしか言いようがありません。
早く東電と国が放射線量の分布を公表していれば、私たちもこんなに被害が拡大せずに済んだのです。

匿名さま。
東電や国の対応に不備がなかったとでも?

ブログでの軽はずみな発言?
CAVEさんは、ご自分の意思と行動を適切でしかも少ない言葉で説明されていると思います。
同じ福島市に住む者だからわかります。
どれほど辛い思いで家族と別れ、福島をあとにしたのか。
恨みつらみを並べたてても仕方がないから、せめて自分にかかわった方たちへ、必要な言葉を選んで説明されたのだと思います。
それが、「器が小さい」ですかね。

「元のふくしまを返せ」と泣き叫ぶ福島県の人間は、みな器が小さいのでしょうかね。
個人ブログで思ったことを表現して何か問題でも?

「でも、それを公表するときに、わざわざ人災だということをここに書く必要があるのか・・・」

書いてはいけないことなのでしょうか。ふれてはいけないことなのでしょうか。
なんだか、皆さんの方がおかしくなってきてませんか?


匿名さん。
あなたは「ふくしま」の人間ですか。
被曝している環境に住んでいるのですか。
小さな子供はいますか。
住んでいたとして、原発や国に何も不満はないのですね。
「未曾有の地震や津波のせいでこうなってしまった。原発や国には何の責任もない。予測不能の事態だったのだから仕方がない」と思うような器の大きな人間なのでか。
果たしてそれが器の大きな人間というのかどうか。

放射能は、健康だけでなく人の心も確実にむしばんでいる。
それが悲しいです。
posted by ころ | 2011/07/28 10:41 PM |
「ふくしま」は、これだけ甚大な被害を受けているのに、東電や国の恨み言を言ってはいけないと仰るのでしょうか?
個人ブログで言ってはいけないの?
それもおかしな話ですよね。
では泣き泣き福島を出ていく者は、自分のお世話になった周囲の皆さんに何と説明して出て行けばいいのでしょう。
無言で?「一身上の都合で・・・」とか?

「自分の子どもの命を守りたいので・・・」と言えば、「福島に住み続ける者は、自分の子どもの命を守ってないってこと?」という悲しいツッコミ。
CAVEさんはもちろんですが、誰もそんなことを言いたいわけではありませんよね。もうみんな十分に傷ついているのに、福島の者同士で出て行くの行かないの、行けるの行けないの、行ける者はうらやましいのと、とがめ合うことなどもうたくさんです。

それぞれの事情で、それぞれの考えで、それぞれの判断で、それぞれの状況で動いているのですよね。
それでよいと思いますが。

CAVEさんは、閉店の事情を皆さんに知らせただけなのですよね。
知らせていただかなければ、かえって私たちは心配してしまいます。
ただそれだけのことなのに。どうしていがみ合うのでしょう。

本当に、悲しいです。


posted by ももりん | 2011/07/29 11:05 AM |
匿名様
野口健さんのブログを見て下さい
これが、福島の現実です
posted by ちるちる | 2011/07/31 4:36 PM |
ちるちる様

CAVEさんの閉店に関する事情とそれについての皆さんのコメント。そのことと野口健さんのブログ内容(原発避難区域の牛や豚が無惨な姿で死んでいる事実描写)とは、あまりかかわりがないと思われますが。
posted by 畜産農家 | 2011/07/31 8:56 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>